便利でトクな海外専用プリペイドカードも忘れずに

タイだけじゃなくて、海外旅行に行くなら、
海外専用プリペイドカードは欠かせません。
一度便利さを体験すると、これなしでは生きていけなくなります。

海外専用プリペイドカードとは、
チャージすることで、クレジットカードのようにショッピング等にも使え、
また、現地のATMで現地通貨を引き出すこともできる
とても便利なカードです。

何がそんなに便利なのかというと、

1.両替所を探さなくてもすむ
これって結構大事です。空港・ホテルには両替所はありますが、
それ以外の場所で両替所を探すとなると結構大変です。
ましてや、換算レートの心配もしなくてはなりません。
しかし、VISAのNEO MONEYなら、どこで引き出しても同じレートで安心です。

2.両替レートが安い
日本の銀行で両替するより、7%トクです。
7%って、けっこう大きな差になります。
特に、ショッピングで、合計10万円単位の買い物をすれば、1万円単位の差になります。

3.ATMやインターネットバンキングで簡単にチャージできる
現地でスマホでインターネットバンキングを使って、簡単にチャージができますから、
予定以上にお金を使うことになっても安心です。

4.盗難・紛失しても補償してくれるから安心
現金なら盗られたらそれで終わりですが、VISAのNEO MONEYなら、
届出時点での残高を補償してくれます。

年会費や発行手数料は無料ですから、
海外旅行に行くことが決まったら、即行で作っておきましょう。

NEO MONEY

Posted in 旅行前の準備 | コメントは受け付けていません。

タイに友達を作る

世界に旅へ出るにあたって、現地に知り合いがいないということはメリットもデメリットもあります。
「あぁ、誰にも干渉されない場所へいきたい!」
という目的で旅に出る方は、現地に知り合いがいないほうがいいかもしれません。

でも、知らない土地で少しでも知り合いがいるということは、気分的にも安心感が少しでてきます。
なにしろガイドブックだけではわからない実態や、ルールなんてものもあるものです。
それにもし何かあったときには助けてくれるかもしれません(笑)

これは冗談ではなくて、日本人が外国で事件に巻き込まれるケースは少なくありません。
現地に知り合いがいるということは、このようなことの防止にもなる可能性が高いです。

かといって、誰でも知り合いを作ればいいというわけではないので、
その辺は慎重にいきましょう。

私は実際に初めてタイへ行く前に、現地に友達を作りました。

方法は今流行りのSNSです。
私の周りのタイ仲間も、このような方法で現地の友達を作る人は多いです。

タイでは日本語を大学で学んでいる学生も多いので、
一流大学の学生が日本語でSNSをやっていることもあります。

もちろん英語は日本の教育以上にレベルが高いので、英語が得意な人は
英語のサイトからもアクセスできるでしょう。

SNSでは現地に住んでいる日本人や、日本語や英語でコミュニケーションのとることのできる
タイ人の人へアクセスを試みました。
そのなかでも趣味が共通だとか、話しやすいような数人と連絡を取り合いました。

実際にSNS等で知り合った後は、個人的にメッセージの交換やチャットで話したりしました。

私の場合、一番最初に友達になったのはタイでも有名大学の日本語学科に通う女の子。
彼女は日本のお笑いが好きで、日本語の勉強のために日本人の友達を探していました。
現役の大学生なので、年齢はいくつか下でしたが、
毎日のようにチャットをして、時には音声チャットといってテレビ電話のような
通信をしたりとどんどん仲良くなりました。

最初にタイに行ったときに、早速食事をしたり、案内したりしてくれ、今でもとっても仲の良い友達です。

今となっても彼女は一番仲の良いタイ人です^^
実は先日彼女は結婚しました。
結婚式にも参加しましたよ☆

日本に興味を持っているタイ人は多いと思うので、
友達になりたいという人を見つけるのはそんなに大変ではありません。
しかし、詐欺や事件に巻き込まれないように慎重にしっかりとコミュニケーションをとり、
ある程度の距離を考えて付き合うことも大切です☆

でもまずは一歩踏み出してみてくださいね☆

Posted in 旅行前の準備 | コメントは受け付けていません。

タイ旅行の必需品

日本から約6時間。
東南アジアのハブとも呼ばれるタイです。

想像するより生活は発展していて、もちろん外国人や日本人もたくさん生活している国なので、
旅行でいくにあたって、忘れても現地ですごく困るようなものはないかもしれません。

ただ、せっかくのタイの旅をスムーズにより快適に過ごすための持ち物を
紹介していきたいと思います☆

まずは、常備薬。
これは持って行ってください。
タイにももちろん病院や薬局はありますが、成分や体質が微妙に違うので
慣れた薬は持って行った方がいいでしょう。

よく言われる情報では「タイで罹った病気はタイの薬で治せ」とあります。
それももちろん正解です。
私の個人的な見解ですが、タイの薬ってなんだか強い気がします(笑)

それというのも、タイ人の友達が日本へ旅行にきたとき、
少し風邪っぽかったのでドラッグストアで
「一番強いの!」といって風邪薬を買って飲んだんですね。
でも、全く効かなくて(笑)
「タイの薬だったら、一発で治るのに!」なんて言ってました。
ホントかどうかわかりませんか、
なんとなく薬もワイルドに作ってそうかなとは思います(>_<)

特にお腹壊したときの薬なんてのは、タイで罹っても一度は
日本の薬を試してみてもいいかと思います。
さすがに食中毒には効かないと思いますが、
タイは暑いので水分や冷たいものを摂りすぎてお腹がこわれたりすることがあります。

そのような原因ならば、慌てずいつもの薬で大丈夫でしょう。

もちろん少し様子をみて改善しなければ、病院へ行ってくださいね。
さて、次に持って行った方がいいものは、変圧器。
日本の電化製品は100V仕様です。
タイは240Vですので、日本の電化製品をそのまま使うと・・・壊れます。

しかし、変圧器って結構かさばるんです。
なので私は持っていきません!

「なのになんで必需品って勧めるの?」
と思いますよね?
もし、変圧器を持っていかないのならば、
タイで使う予定の電化製品のコンセントをチェックしてください。
デジカメの充電器、ヘアドライアー、ヘアアイロン、パソコンあたりは
世界仕様になっていて、変圧器がなくても安全に使えるものが多いです。

一番見落としがちなのが、携帯の充電器。
これは日本国内専用仕様のものが多いですので、
事前に海外用のものを購入しておいたほうがいいですね。
変圧器より安くてかさばりません☆
他に必需品といえば、
日本のお菓子です(^-^)
日本のチョコやキャンディーなどは、タイの人が好きなので、
タイ人と仲良くなれる必須アイテムといっても過言ではありません。
他にもお酒を持って行って
現地の人と毎回酒盛りをするというタイ仲間もいます。
しかしながら、基本的にはお金さえあれば、なんとか過ごせます(笑)
忘れものなく楽しい旅を!

Posted in 旅行前の準備 | コメントは受け付けていません。

ホテルを予約する

もしタイへ行くのがツアーならば、ホテルと航空券や送迎車などがパックになっています。

でもここでは、個人で航空券とホテルを別に手配する方法をいくつか紹介します。
・・・といっても、別段難しいことはそんなにありません。

ちなみタイのホテルは基本的に「人数」ではなく「部屋」で料金を計算しています。
日本からのツアーで予約するときには「人数」でホテルの部屋の値段も変わってくると思います。
(「1部屋3人で○○円」「1人部屋はプラス○○円」など)

タイのホテルだと多くは「1部屋2ベット○○バーツ」となっていますので、
ダブルがいいのかツインがいいのか等希望がある場合にはしっかりチェックしましょう。
ツインやシングルの部屋でも、エクストラベットを借りれば複数人泊まれる場合もありますので
これも確認しましょうね。

さらにホテルを予約する際には、喫煙部屋なのか禁煙部屋なのか、
朝食はつくのかつかないのかなどもリクエストすることができます。
他にも角部屋がいいとか○階以上がいい等、細かいリクエストをすることもできるので、
この際だから言っておくといいでしょう。

しかし、そこは日本のように細かくないタイですので、
実際に現地にいってどこまでリクエスト通りになっているかは微妙なところではあります(笑)

チェックインする際にもう一度チェックして、気に入らなければ部屋を変えてもらいましょう。

さて、話はそれましたがホテルの予約方法です。

まずはインターネットの海外ホテル予約サイト。
有名どころではAGODAでしょうか。
ここは安くてホテルのラインナップが多いことでも有名ですが、キャンセルや変更のし辛さ、
表示価格の他に何かと手数料等が加算されますので注意です。

他にも日本のツアー会社、タイ現地ツアー会社からもホテルのみ手配してくれます。
このようなツアー会社は特定のホテルと提携していて、
他から予約するより安いプロモーションをしていることもありますよ。

もちろん現地にいってからという手もあります。
直接ホテルのフロントへいって「今日空いてますか?」とその場で交渉する方法です。
タイではよくあることなのですが、私たち「予約」に慣れた日本人には
上級手段かもしれません。
意外とびびりな私は、まだやったことはありません(笑)

余談ですが、タイのホテル価格はやはり日本に比べてとっても安いです。
さらに観光産業が盛んだということもあり、星がいくつもつくようなホテルも参入しています。
せっかくなので、そんな高級ホテルにお値打ちに泊まってみるというのも
お勧めのタイの観光方法だと思います☆

Posted in 旅行前の準備 | コメントは受け付けていません。

海外でスマホ使うなら忘れずに

タイに行ったら、本場のタイ料理をスマホで写真とって、フェイスブックやツイッターにアップして、LINEやスカイプで日本の友達としゃべって・・・

なんて考えてる人!
スマホを、ただ持っていくだけじゃ、使えませんよ。

LINEだってフェイスブックだって、電波がなきゃ使えません。
日本のドコモやau、ソフトバンクの電波は、タイにはさすがに届かないです(涙)

そんな人のために、携帯各社は、「ローミングサービス」を提供しています。
簡単に言えば、タイの通信会社と提携して、ドコモやau、ソフトバンクのスマホが使えるようになるサービスで、携帯各社の申し込めば、簡単に使えます。

ところが・・・

料金がバカ高い。
いくらだと思います!?

一日あたり、2980円。
一日あたりですよ!!

いくら、エイチ・アイ・エスで、安いチケット買っても、
パケ代に1万円2万円も払ってら、馬鹿らしいですよね。

そこで、登場するのが、
「海外wifiレンタル」というサービス。
グローバルデータというところと、グローバルWiFiというところが取り扱っています。

どちらも、一日当たり700円弱と、携帯各社の4分の1弱。

これなら、料金の心配なく、現地でスマホを使えますね。

【グローバルデータ】

【グローバルwifi】

Posted in 旅行前の準備 | コメントは受け付けていません。

飛行機に関する便利な裏技

飛行機などに関する裏技は実はたくさんあります。

正規のものから、発表されていないものまでありますが、
比較的初心者でも使いやすいものから紹介していきますね^^

まず、一番のポイントは自分が利用する航空会社が決まったら、
その会社のホームページをみてみてください。

リクエストできるサービスなどが載っているはずです(´Д`υ)

そして、飛行機での重要なお頼みしポイントでもある「機内食」。
これに関するサービスは各航空会社でもたくさんあることが多いです。

ちなみにタイは東京からおおよそ6時間ですので、おやつみたいなものが1回と
機内食1回、そして会社によってはアイスなどのおやつがもう1回でますよ。

機内食は、宗教上の理由や健康上の理由で食事制限のある人用のメニューがあります。
リクエストは1週間くらい前まで受け付け可能だったかと思います。

興味があればリクエストしてみるのもいいかもしれませんね(^-^)
また、リクエストミールは一番最初に配られることが多いので
早くご飯を済ませてしまいたい方にもいいかもしれません。

ただ、それがおいしいかどうかは・・・微妙だという噂もありますので、
まずは通常のものを試してからのほうがいいかもしれませんね(;^ω^)

他にリクエストできるのは、座席ですね。
事前に受け付けをしていることもありますし、
当日早めにチェックインすれば好きな空いている席を指定することもできますよ。
事前に飛行機の種類を調べて、座席ナンバーで指定することもできますし、
チェックインカウンターで今空いている席を教えてもらうこともできます。

・・・が、映画のように向こうから希望の席を聞いてくれることはまずないので、
チケットが発行される前にすかさず「通路側で!」というようにタイミング逃さず
リクエストするのがポイントです♪

また、飛行機に乗り込んでからでも実は席を移動できます。
基本的には離陸後のシートベルトサインが消えてからならば自由に移動しても
問題なさそうなのですが、一応CAさんに一声かけたほうがいいかもしれません。

一度だけ隣の欧米系のビジネスマンの香水の香りがとても強く、
座った瞬間に「これで日本までは無理。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」と焦って、
離陸前に席の交換を申し出たことがあります(笑)

たまたま空席があったので、すぐに移動させてくれました(笑)
ちなみに空席が多い時には、2~3席を1人で悠々と使えることもあります(*・∀・)

飛行機なので移動は無理なのかと感じるかもしれませんが、
意外と大丈夫なので移動したいときにはCAさんに相談してみてくださいね。

 

Posted in 旅行前の準備 | コメントは受け付けていません。

航空券の賢い買い方

「さぁ、タイへ行こう!!」

・・・と、思い立ったかどうかはわかりませんが、いざタイへ旅行するとなったならば、まず航空券を確保しなければなりませんよね。

実は、旅行に日数や日程等によって、航空券とホテル等のセットである、いわゆる「ツアー」で予約したほうがいいか、航空券とホテルを別に予約したほうがお得なのかが変わって来ます。

ざっくり言えば、1週間以上くらいを境目に、ツアーと別予約で値段の境目が出てくると思います。

私の知っている中のツアー商品では、3泊4日とか4泊5日あたりの商品が多くでているかと思います。
航空券とホテル等込でおおよそ、5万円~といった商品もありますよね。

この日程やプラン、ホテルの場所などが希望通りであったらお得です。
ツアーでも悪くないでしょう。

しかし、もう少し長く滞在したり、自由に動き回りたかったりという希望があるのならば、航空券とホテルを別に予約するのもいいかもしれません、

私の場合は、長期休暇と有給を合わせてがっつり行くタイプなので、1回の訪タイは10日間前後です。

この場合はツアーだと延泊料金がかかります。
だいたい1延長につき5000円とか10000円もかかりますので、よほど希望のホテルじゃないかぎり、ちょっと嫌だなって思いますよね。

しかもツアーによっては絶対外せない提携店舗や免税店なんかへ連れていかれたりなんてこともありますし、集合時間が早かったりではっきりいって面倒なんです(笑)

そんなこともあって、私はツアーで訪タイしたのは、これまでで1回だけです(笑)

2回目からはホテルも航空券も自分で手配しました。
それまで海外旅行なんてしたことなかった私でしたが、カンタンにできましたよ♪

ちなみにお勧めは、やはりあのHIS。



実は航空券って、気をつけてみないといけないものの一つに「燃料サーチャージ」ってのがあるんです。
これはそのままの意味で燃料代。
基本的には無いものなのですが、石油価格の高騰にしたがって、3カ月ごとに航空会社が料金を定めます。
私が訪タイし始めてから、一度もこの「燃料サーチャージ 0円」となったことはないので、航空券を買うきにはこれはつきものだと思っても良いでしょう。

また、他にもかかるのが「空港使用料等諸経費」なんてものがあります。
空港を使うときに払うお金です。
以前は直接空港で回収したりもしていたようですが、いつ頃からかここに含まれるようになりました。

この諸経費などが表示されている航空券の値段にプラスされます。
そして、HISではこれがもう加算された「ポッキリ価格」で出ているんです。

これってかなり見やすいンです☆
いつも一応他の旅行会社や、航空会社正規料金のページを見たり電話をしたりしますが、結局はHISで決めていることがほとんどです☆

Posted in 旅行前の準備 | コメントは受け付けていません。