ナイトバザール

日本ではあまり聞きなれない&習慣はありませんが、タイではナイトバザールがよくあります。
文字通り、「夜の市場」です。
雑貨やお土産、日用品などたくさんのお店が深夜までオープンしている市場です。

観光国タイならではなのかと思いましたが、現地の人もたくさん買い物にきます。
夜も暑いので散歩したくなるからでしょうか?
きっと南国特有のこういった文化なのでしょうね。

C8
ナイトバザールは、本当に現地の人しか来ないような、屋台がちらほらあるものから、まさに観光客むけといったものまで様々ありますので、夜遅くなっても食事や観光に困ることはないでしょう(*´ω`)ノ

昼は通勤や通学の人々で混雑する繁華街に、夜になるといそいそとフリーマケットよろしく路上に店を広げ始めるという光景もよくみます。

なんとなく自然にみていましたが、日本ではみかけない光景ですよね。
あれは場所代とかあるのでしょうか(*´ω`*)謎です(笑)

昼の顔と違った夜の街をみるのは、とっても楽しくてわくわくしちゃいます。

ですので、いつも昼に買い物などに出かけて、一旦ホテルに帰り、ちょっと楽な服装に着替えてナイトバザールに出かけたりします。
または、夕食を友達と済ませて、ホテルに帰って「まだちょっと遊びたいけど、そこまで元気はないな」っていう時にはぶらっと近くの屋台が並ぶバザールに散歩したりします。
しかしながら、数年前に私の大好きだったバンコクを代表するナイトバザールが閉まってしまいました。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
以前から土地の所有者から立ち退きを要求されていたルンピニーにあるスワンルムナイトバザール。
広い敷地にたくさんのお店がひしめき合い、ただ歩いているだけでも楽しい空間でした。
立ち退き要求されても出店者などから反対され、なかなか閉まらなかったことから
「閉まる閉まる詐欺」なんて呼ばれたりもしていました(笑)
しかし、ついに2011年に完全撤退してしまったのです。
ほんとに悲しかったです。

友達が出店していたこともあって、1日の終わりにはほぼ必ずここに寄って友達やタイ人のお店の人と話したりしていました。
すごく充実したタイの時間だったのに・・・思い出になってしまいました。

一応ではありますが、新しく「移転先」はあります。
名称も新たに「サイアム・パラダイス・ナイトバザール」といいますが、繁華街のサイアムにあるわけではありません(;^ω^)
交通の便が悪い場所にあるので、以前のような人気はまだないようです。
将来的には近くにBTSの駅が建設予定ではありますが、出店数も少ないので以前のような活気のあるナイトバザールに成長するまでには時間がかかりそうです。

Posted in バンコクの街 | コメントは受け付けていません。

大型スーパーマーケット

タイには欧米からきた大型スーパーマーケットがたくさんあります。
通路の広い大きな店内を、大きなカートを引いて回るというタイプのスーパーマーケットです。

日本には残念ながらあまりありませんよね。
きっと日本の土地の狭さや、昔からあるスーパーや商店街などの影響で出店は向かないのでしょう・・・残念です。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

私はこの大型スーパーマーケットがとてもとても大好きで、
毎回行くと、真っ先にこのスーパーマーケットへ行きます。
そして、滞在中の生活用品をはじめとしてお土産までを買いまくります。

C7

あまりに買いまくるので、メンバーズカードまで作りました(笑)
買い物の金額に応じてプレゼント(お弁当箱とか折りたたみ椅子などの生活雑貨)がもらえるというポイントカードです。

どこからの出資かまではわかりませんが、タイの有名大型スーパーマーケットには、
「TESCO LOTUS」「BIG-C」があります。

TESCO LOTUSは一時期日本にも出店していましたが・・・事実上失敗した模様です(-_-;)

スーパーマーケットですので、食料品から雑貨、本屋に衣料品などありとあらゆるいろんなものが揃います。
ベーカリーやレストランも付属してることがあるので、まさに1日中楽しめる施設でもあります。

まず、私がむかうのはシャンプーやせっけん等の売り場です。
実は私はここ3~4年、ずっとタイのシャンプーを使っています。
タイのメーカーの特定のものです。
もちろん毎日使うのですが日本では手に入らないので、タイに行った時にまとめ買いします。
なので、毎回トランクはほぼシャンプー(笑)
重さもあるものなので、これのせいでチェックインカウンターでウエイトオーバーでもめることもしばしば(・ω・;)

それでも大好きなので買いまくります!!(笑)

次に買うのは、ベビーパウダーです。
タイの女性は化粧の仕上げや、化粧のかわりにぺビーパウダーを顔面に塗ります。
最初は「顔に!?」って思ったのですが、一度試してみたら結構よくて、癖になりました。
これも日本で売っていないので買っておきます。

そして、本番は食料品売り場!!
お土産のお菓子などは空港で買おうとも思いません。
高すぎるし、おいしくないものばかりなので空港で買おうなんてことは思わないほうがいいいです。
このようなスーパーマーケットだと種類も豊富で、安くて面白いものがたくさんあります。

カップめんやペーストもたくさんありますので、これもお土産にもってこいです♪

お菓子等のお土産はスーパーマーケット!!これできまりです(*・∀・)

Posted in バンコクの街 | コメントは受け付けていません。

チャイナタウン(ヤワラート)

タイにも中華街があります。
タイでは「ヤワラート」といいますが、私、このヤワラートが大好きなんです。
毎回、タイへ行くたびに「今日はヤワラートへ行く日!」っていうのを決めて、気合いをいれてほぼ1日中散策します。

もう何度行ったか忘れちゃいましたが、まだまだ探索しきれていない場所もあるので何度行っても行くのが楽しみな場所です。

このチャイナタウンへのアクセスは、ちょっと面倒です。
一番近くの駅はMRT(地下鉄)のフアランポーン駅なんですが、この駅の1番出口を出てから徒歩だと10分ほどかかります。

暑い国であるタイで「徒歩10分」といったら、もはや「無理」というくらいに疲れてしまいますので、
もうタクシーでいってしまったほうがいいでしょう。

ただ、時間帯にもよりますが、ヤワラート周辺は一方通行も多く、とても賑わっていますので渋滞します。
そのへんの計算もして出かけていただいたほうがいいと思います。

C6

さて、私も大好きなヤワラートですが、まずチャイナタウンということで、中華料理店がたくさん軒を並べています。
高級食材のツバメの巣やフカヒレなんかも、ここでは気軽に食べられますよ^^
看板にツバメやサメ(お店によってはサメのはく製が飾ってあります)の絵が書いてあれば、入って食べてみてもいいかもしれません。
特にツバメの巣はタイが産地。
安く食べられるんです。
寒天のようなツバメの巣を甘くて温かいシロップで頂くスタイルが、タイ流なのでしょうか。
どこへ行ってもそんな感じででてきます。
お値段はお店と量によりますが、数百円程度で味わえますよ。

もちろん他の中華料理もお値打ちに本格的な味が体験できます。
レストランは夕方から開き始めるお店が多いので、食事をメインと考えるのであれば夕方からでかけるのも良いでしょう。

また、「金行」といった看板のお店をやたらとみかけます。
これは金を売買するショップで、みんなこぞってお店の商品を覗き込んでいます。
タイではお金を金にして持ち歩くという習慣がまだ根強く残っているんですね。

さらに、私が一番好きなヤワラートの側面は、なんといっても大通りから左右に延びる市場です!
ここに行けばなんでも手に入るんじゃないかってくらいの数のお店があります。
特にアクセサリーや文房具、布等が種類豊富に安くてに入ります。
ちなみにこの辺りは観光ツアーには入っていないので、日本人をみかけることはほとんどありません。
また、その通りを抜ければ、インド人街などもあります。

あぁ、書いてたら行きたくなって来ました(笑)

Posted in バンコクの街 | コメントは受け付けていません。

王宮周辺

タイ・バンコクの観光スポットの一つにいつも登場する王宮周辺。
ここではその王宮周辺の見所について紹介いたしますね(*´ω`*)

まず、そもそもタイの王様。
タイは「タイ王国」というくらい、立憲君主制で王様が重要な位置を担っています。

それはタイ国民の普段の生活でも、とっても身近なことにも表れています。
まずタイの国旗。
赤と白と紺のデザインですが、真ん中の紺色は王様を表わしています。
(ちなみに白は宗教で、赤は国民です)

そして、タイの通貨である「バーツ」。
すべての紙幣には現タイ国王が印刷されています。

C5

さらに、毎日8:00と18:00には国歌が街中で流れることはたまにテレビ番組でもみたことがある人がいるかもしれません。
映画館等でも、上映の前には必ずこの国家か国王賛歌が流れます。
この時には必ず皆起立して動きません。
(もし、この場面に出くわしたら、みなさんも周りのタイ人に従って、何をしているときでも直立不動でお願いします(笑))

と、いうように国民の生活に「愛国心」がとてもみられるタイです。
特に現在の国王であるプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)は、国民にとても近い存在として知られており、深い信頼と尊敬を得ています。
タイの「父の日」は「王様の日」とされ、多くの国民が王様に感謝の表現を表わしているほどです。

さて、そんな国王が住む王宮を見学・・・といきたいところなのですが、
実は俗に「王宮」と呼ばれるものは先代のラーマ8世までが住んでいた宮殿なのです。
(現在の王様は、タイの政治の中心であるドゥシット地区に住まいを移しています)

しかしながら、現在でも儀式や祭典などを行う際には、実際に以前までの「王宮」が使用されていますので、
一度見学する価値はありますよね☆

王宮内には、ラーマ5世が建築させたチャクリー・マハー・プラサート宮殿という、
「タイの建築業界に革命をもたらした」とまでされる、当時では斬新なデザインの宮殿もあります。

さらに、近くにはワット・プラケオをはじめとした、超有名なお寺もいくつかあります。
川を渡れば、あの「死体博物館」もありますので、王宮へ出かける時にはこのような観光スポットと組み合わせて
効率良くまわるのもいいですね☆

また、王宮やお寺は午後3時すぎにはしまってしまうところが多いですので、時間には余裕を持って出かけましょう。

そして、観光スポットということで、有名な詐欺も色々と発生しますので注意してくださいね。

Posted in バンコクの街 | コメントは受け付けていません。

チャトチャックウィークエンドマーケット

チャトチャックウィークエンドマーケットといえば、
タイの週末に最も盛り上がる場所(?)でありましょう(*・∀・)

それもそのはず、このチャトチャックマーケットは
出店数約1.5万店の世界最大級の規模を誇る市場なのです。
そのため、タイ現地の人はもちろん、観光客そして世界中から仕入れ業者が集まってきます。

場所はバンコクの北側。
チャトチャック公園の中にあります。
この公園は広くて、緑も豊富で実はとってもいい公園なんですよ~。
お買いもので疲れたら、芝生で一休み・・・なんて暑くて昼間はとても出来ませんが(笑)
夕方ならいいですね☆
アクセスはBTS(スカイトレイン)の終点モーチット駅。
そして、MRT(地下鉄)のチャトチャックパーク駅かカムペーンペッ駅からすぐ
のところにあります。

駅に降り立ったら、みんな同じ方向へ向かいますので、
その流れに乗ればチャトチャックマーケットへいけます(*・∀・)

基本的には土日のみの開催。
一部は金曜日にも開いていますが、土日に足を運ぶのがベターです。

C4

先程もでてきましたが、チャトチャックマーケットにはものすごい数のお店があります。
そのため絶対にかかせないアイテムが、マップです。
チャトチャックマーケットのマップはインフォメーションで無料で手に入りますので、
まずは仕入れておきましょう。
ガイドブックには「飲料水を持っていこう」と書いてあるかもしれませんが、
ちょくちょくカフェやドリンクスタンド、またココナッツをその場で割って
ストローをさしてくれるお店などもありますので
簡単に好みのものを現地調達できますのでご安心を☆

チャトチャックマーケットには同じような通路とお店がひしめき合っています。
ですので、何かめぼしいものをみつけたら、その場で買っておくというのが基本ポイントです。
「後で戻ろう」というのは、
見つけられない可能性&暑くて歩きまわる体力消耗が高いのでやめておきましょう。

ですが、気に入ったお店があったら、
もらったマップにチェックをいれておくことが大事ですね(*・∀・)
お店には一応住所のように番号がついているので、お店の人にきけば
「ここらへん」って教えてくれます。

チャトチャックマーケットでの買い物は、値切るのが基本です。
ですが、始めから安いと感じたら、そこそこの値切りで勘弁してやってくださいね(笑)
たくさん買うとその分安くしてくれますので、お土産用にがっつり買いましょう♪
街で買うよりは絶対安いです。

衣料品から雑貨、そして動物まで売っているこのマーケット、私もまだ制覇できていません(笑)

Posted in バンコクの街 | コメントは受け付けていません。

カオサン

タイのバンコク、カオサンといえば、世界中のバックパッカーが集まる有名な街です。

カオサンストリートという通りを中心に、パブやディスコ、様々なお店や旅行会社なんかが並んでいます。
もちろん宿泊できる宿もたくさんあります。

このカオサンは最初に書いたとおり「パックパッカーの聖地」とも呼ばれていることで有名です。

タイのバンコクは様々な地区からのアジア全域方面に出発する、いわゆる「バブ都市」です。
そのため多くの国から旅行者が集まります。
特に大きなリュック1つで世界を旅する「バックパッカー」にとっては、このカオサンが重要な役割を果たしています。

安宿で泊まったり、次に行く土地への交通手段等を手配できるのもカオサンの特徴です。

カオサンの旅行会社では、近隣諸国へのバスチケットなんかも購入できます。
もし、気軽な旅行を楽しみたい方はここへ行くといいでしょう。
しかも、最近のカオサンストリートはかなりお洒落な雰囲気にもなってきています。

基本的にこれまではタイ現地の人はあまり来るような街ではなく、外国人が多い街だったのですが、最近ではタイのハイソな若者もその異国情緒あふれる雰囲気を楽しみに夜な夜な遊びにきていたりもします。

確かにカオサンストリートは、他の地域よりも深い夜までにぎわっていますので、他で飲み終わったあとにカオサンへ立ち寄るなんてルートもいいのかもしれません。

ただ、やはり気をつけなければいけないこともあります。

外国からのバックパッカーが多いということで、治安はあまり良いとも言えません。
外国人同士・酔っ払いのぶつかり合いでの喧嘩も良く見かけます。
時には警察が出動したり、道路に血が飛び散っているなんてこともありました。

また、安宿も多いのですが、値段が安い分、安全性に欠けているという意味なので、利用する際には覚悟が必要です。

例えば、1人部屋でも鍵がなかったり(この場合には自分で南京錠を持って行って、内側から施錠する必要があります)、宿の関係者が泥棒だったりするという噂もきくので貴重品は肌身離さず持ち歩く必要もあります。

また、5~6人のシェアルームの場合は、なんと充電器やひげそりなんかを転売目的で盗まれたなんて話も聞きますので油断なりません(;^ω^)

また、衛生上もあまりよろしくない宿もありますので、気をつけましょう。

このようなことを了承して、むしろそれを楽しみにしてカオサンを味わえば、とっても開放的で色んな体験ができる楽しい街になりますよ。

 

Posted in バンコクの街 | コメントは受け付けていません。

スクンビットエリア

タイ人やタイに関係する日本人はよく「スクンビット(スクムビット、スクムウィット等表現は様々)ね」といったような会話をすることがあります。

スクンビットとは、元々スクンビット通りのことを示していて、その通り周辺の街を「スクンビットエリア」というように表現して呼んでいます。

ちなみにこのスクンビット通りを、タイ湾沿いにず~~~~~~っと進むと、バンコクを脱し、
さらにいくつかの県をも通り抜けて、さらにず~~~っといけばカンボジアの国境までいけます(笑)

アソーク駅、ナナ駅、プロンポン駅、トンロー駅、エカマイ駅、スクムビット駅とこのあたりが
スクンビットエリアとされています。
このようにBTS(スカイトレイン)やMRT(地下鉄)の駅も密集している地域ですので、
どこかへ出かけるにも交通の便が良い場所でしょう。
しかし、「バンコク1渋滞する道路」が、アソーク駅とスクンビット駅をでてからすぐの
中心的な大通りとなっているので、朝の通勤時間~は壮絶な大渋滞がはじまります。
深夜になるとやっと渋滞は収まりますが、現地の人は駅からちょっと離れた目的地までの
アクセスには、バイクタクシー(バイタク、1回おおよそ10~40バーツ)を利用したりしています。


このスクンビットエリアには、日本人をはじめとして、外国人が多く住むエリアでもあります。
特に現地駐在日本人の住宅が多いことから、日本人向けのお店なんかもたくさんあって、
日本人の姿を多くみかけるエリアで有名なのです。
ですので、日本からバンコクに赴任されている人ならば、おおよそこのスクンビットエリアに
住んでいることでしょう。

そのため、かなりハイレベルでオシャレなお店が軒を連ねています。
もちろんレストラン、ショッピングセンター、マッサージ、ナイトライフ、ホテル等も文句なしに
充実しています。

在タイ日本人御用達の「フジスーパー」もあります。
フジスーパーは日本食材専門のスーパーで、バンコクでは手に入りにくい味噌や日本食の
レトルトなどといったものが手に入ります。

また、「エンポリアムデパート」は高級ブランドが入る高級デパートとして、このエリアの人たちに愛されています。
エンポリアムデパートはこのエリアの目印というか象徴といってもいいような存在でもあります。

さらについ最近では、「ターミナル21」という新たなショッピングモールが完成しました。
このショッピングモールは、もう何年も前から建設をしていてやっと完成した建物。
イメージは「空港」で、階層ごとに1つの国をテーマにしたデザインとなってます。
もちろん「日本の階」もありますよ。

Posted in バンコクの街 | コメントは受け付けていません。

シーロムエリア

シーロムエリアは、西はチャオプラヤー川に近いバーンラックと呼ばれる地区のあるチャルクル通りから、
ルンピニー公園へ向かって伸びる通りがシーロム通りと言います。
また、BTS(スカイトレイン)が通るサート-ン・ヌア通りとスリウォン通りに挟まれて、平行に走っています。

BTSの駅で言えば、サパーンタクシン駅、スラサック駅、チョノンシー駅、サラデーン駅。
そして、MRT(地下鉄)の駅ですと、サムヤン駅、シーロム駅、ルンピニー駅がこのシーロム地区にあります。

このように大きな道路もあり、BTSやMRT(地下鉄)の駅も充実しているの、交通の便もよく都会的なイメージの街です。

シーロムエリアは、世界の大手でもある企業や金融機関が終結している地区でもあることから、タイでも有数のオフィス街です。
そのため、このエリアにビジネスを目的に世界から訪れる要人を目的とした、高級なホテルも数多く存在しています。
もちろん4つ星や5つ星ホテルもあります。

しかし、夜になると一転、有名な歓楽街に変貌するという特徴のある街でもあります。
あの世界的にも有名な「パッポン通り」「タニヤ通り」もこの地区にあります。

シーロム地区は、昼間はタイの将来を左右するようなお堅いビジネス街。
そして夜のネオンが光るころには日本人をはじめとした外国人が集まる
歓楽街へと様変わりする、とっても機能的な街なのです。

この歓楽街のおかげで、レストランやショッピングに便利なお店も集まってきており、
夜遅くまで買い物ができますのでとっても便利です。
仕事でタイを訪れた人であれば、この地区で「仕事・遊び・生活・お土産」と全部事足りてしまうのではないでしょうか。

さて、パッポン・タニヤに押され気味なこの地区にも、実は観光名所(?)と呼ばれるところがあります。

まずは市民の憩いの場でもある「ルンピニー」公園。
MRT(地下鉄)シーロム駅からもルンピニー公園駅からもすぐです。
長期滞在するのならば、是非よってみてください☆

さらに、ガイドブックでもよく見かける「スネーク・ファーム」がこの地区にあります(*´ω`)ノ
MRT(地下鉄)サムヤン駅から徒歩4分。
タイの赤十字協会の中にある、毒蛇研究所です。
ある王族が狂犬病で亡くなったのをきっかけに、狂犬病のワクチン研究のために建てられた研究所が、
現在では毒蛇の研究を担っています。
定休日はなしで、入場料は200バーツ(約500円)。
大蛇との記念撮影もできるとあって、連日大盛況。

今や観光の名所となっていますが、実は毒蛇研究(解毒剤や血清等の研究)としては、
規模も陣容も世界第2位の実績を誇る一流の研究所!!

一見の価値ありです☆

 

Posted in バンコクの街 | コメントは受け付けていません。