タイのお坊さんにお布施をしてみた

タイという国は、お坊さんととっても関係が近い国です。
日本だとお盆や法事などしか普段お坊さんと触れ合うことがないかと思います。
しかし、タイでは節々にお坊さんと会います。

例えば、子供が生まれた時。
自宅に親戚を呼び、お坊さんに来てもらって、健やかな成長を祈ります。

他の話しでも紹介いたしましたが、男の子は割と高確率で出家します。
人生の中で1度、男の子は親孝行のためも含めて出家するのです。
(期間は1週間くらいの短期の場合でもOK^^)

また、お寺の存在も近く、デートでお寺巡りをしたりもします。
日本だったら「デートにお寺」・・・観光旅行ならまだしも、普通なら考えられませんよね(笑)

電車のなかでもシルバーシートならぬ「お坊さんシート」があったり、デパートに「お坊さんグッズ売り場」があったりと、
色々とお坊さんについて身近に感じることがあります。

F9

さて、タイのお坊さんにも「托鉢」という習慣があります。
托鉢は、お坊さんが修行に専念するために農業などに従事せず、お坊さん以外の人から食糧等を得るというもの。
日本の街中で、たま~~に見かけることもありますが、日本ではお金を托鉢してるパターンが多いですよね。

タイのお坊さんの托鉢の場合は、毎朝、その日に食べる食べ物を得るために托鉢へ出かけます。
もちろん1週間程度のつもりで出家している人も同様に、この托鉢をします。

朝、5~6時くらいに街中のあるルートには「托鉢セット」というような、お坊さんに渡すための食べ物のセットを販売するお店が登場します。
地元住民が、出勤前に朝ご飯を食べにくる屋台のなかに、突如として登場するのです。

そして、そのお店はめっちゃにぎわいます(笑)

お坊さんに托鉢の物を捧げることは、捧げる人にとっても得となるとされているので、この托鉢に参加する人は多いのです。

ちなみにこのようなことを「タンブン」(徳・善を積むこと)といいます。
タンブンには、お寺に寄付したり、恵まれないものを援助したり施しをすることで、どんどん積まれていきます。
そして、自分の来世での幸せにつながってくるとされています。
これは仏教の考え方で、肉体は滅んでも魂は輪廻転生し、再び来世に生まれ変わると言った考え方によるものです。

なので、道端で物乞いをするホームレスたちにもタイ人は積極的にお金を施したります。

あ、話はそれてしまいましたが、
私の早朝タンブン、にぎわう屋台で托鉢用の「食べ物セット」(たしか30バーツ≒90円くらいだったと思います)を購入。
タイ人の友達の指導(?)の元、無事お坊さんに渡せました。
実際にはお坊さんについてきている小姓が、まとめて袋に入れて持ち帰っていましたが。

これでより良い来世を迎えられるでしょうか?(笑)

Posted in タイ体験記 | コメントは受け付けていません。

タイ・バンコクのクラブ・ディスコ

タイは観光国ということもあって、いろーんな種類の夜遊びが盛んな国です。
怪しいものから一般的なものまで様々なものがありますので、毎晩飽きませんよ(笑)

その中でも今回ご紹介するのは「ディスコ」です。
日本の若者がよくいうところの「クラブ」に近いような感じなのですが、雰囲気がやや「ディスコ」といったほうがしっくりくる気がするので、タイ仲間ではこれを説明するときにはいつも「ディスコ」と表現しています。

F8

タイのディスコ、時として、バンドがイベントをしていたりするのでこれまたいつ行っても飽きません。
日本ではありえないことなのですが、数百人規模のパブやディスコのような場所でも、有名なバンドがライブをすることがあります。
しかも入場は無料、もしくは数百円~数千円程度!!
トップクラスの人気アーティストが来ることもあり、生でしかも近くでライブが見られるのです。

ホント日本では考えられません!
以前からタイでは、アーティストとファンとの距離が近いという感覚の文化があります。道端で偶然会ったら、気軽に写真を撮ったり握手をしてくれます。
それに加えてMP3やyoutubeの台頭によりCD等の売り上げが伸びないという傾向があり、ライブをたくさんやることで活動していける状態なのでしょう。

有名アーティストでもその習慣を忘れずに、ライブをたくさんしてくれています。
もし、お気に入りのタイアーティストがいれば、ライブ情報を調べて積極的にライブに参加してみましょう☆

さて、少し話しはそれましたが、タイのディスコ。
基本的に入場料は無料で、お酒の代金のみをその場で注文時に払います。
最近ではオシャレなディスコやイベントによって入場料をとるところも増えてきています。

入場の時に手にスタンプを押してもらいます。
これが石鹸でもなかなか消えにくいので注意です(笑)
ディスコをはしごした翌日なんて、腕のところまでスタンプが押されていて一生懸命消したりします(;^ω^)
中に入ると、だいたい係の人が足元を懐中電灯で照らしながら、空いているテーブルへ案内してくれます。
ほとんどが椅子がなく、テーブルへお酒を置いて踊るスタイルになっています。
荷物はテーブルの下に入れられますので、タイ人はみんなそうしていますが、警戒心の強い(?)私はポシェットに荷物をまとめて入れていって手から離れないようにしています。
(あ、この場合は後ろにつけているとスリに遭う危険があるので気をつけてくださいね)

お酒はウイスキーを水で割ったりコーラで割るのがタイ流ですよ☆

Posted in タイ体験記 | コメントは受け付けていません。

タイで卸問屋で買い物してみた

タイは基本的に物価や材料費や人件費が安いことで知られています。
そのことから、アジアだけではなく中東の方面からも仕入れに来る人もいるような地域となっています。

もちろんアジアや欧米からの仕入れ人も多く、卸問屋が多く集まる地域もいくつかあります。

私も実は元々の買い物好きが講じて、一時期仕入れを頼まれて担当していたことがあります。
その時は、自分が買い物するのでも楽しいのに、会社のお金でガンガン買うことができてとっても楽しかったです(笑)

もちろんタイのバンコクには様々な卸問屋が集まっています。

F7

一番有名な地区は「プラトゥーナム地区」でしょうか。
「プラトゥーナム」とは「水門」という意味があり、その名のとおり川のすぐ近くにあります。
そのため、川を上り下りするボートを使って大量に仕入れに来る人も多くみられます。

プラトゥーナム地区はバイヨークという大きなホテルの周辺に、小さなお店がたくさん集まり、ショッピングセンターのような大きなビルもいくつかあります。

主に衣料や服飾雑貨のファッションに関するお店ばかりですが、小さいお店となると
入り組みまくってひしめき合っているので、目的のものを売っているお店を見つけるのが至難の業です(´Д`υ)

是非とも時間に余裕をもって、楽チンな服装で臨みましょう。

もうひとつ有名な地区と言えば「ボーベー市場」かと思います。
ここも衣料専門店がたーーくさんあります。
ボーベーは外の道にもお店がありますが、おおきなビルの中に数百もの小売店が入っています。

こちらもお店がたくさんありすぎて、迷路状態ですので体力と気力をしっかりもって臨みましょう(・ω・;)

さて、このような卸売りでの購入の方法ですが、基本的には1枚単位で買えますが、たくさん買うと安くなります。

例えば「3枚以上」「6枚以上」という風に、複数枚買えば卸売価格にしてくれます。
ちなみにタイ語で卸売り価格は「ラカー(価格)ソン(卸)」といいます。

個人のお土産用に買うのだとしたら、安く買って私服にするか、ばらまいてもいいくらいの価格になるとおもいます(*・∀・)

Tシャツだと1枚だいたい300~500円くらいのものでしょう。
このような卸売りの専門店のなかには、タイの民族衣装やウエディングドレスなんかを扱っているお店もあります。
日本で買うことに比べたら、めちゃくちゃ安いです(笑)

こういうものを買ってもいいかもしれませんね☆

ちょっと上級になるかもしれませんが、簡単な英語でもなんとか通じますので、
チャレンジしてみるもの楽しいですよ☆

Posted in タイ体験記 | コメントは受け付けていません。

タイのお守り-プラクルアン

タイは数々のお寺、仏像が観光スポットに組み込まれていることから、
仏教の国というイメージもあるのではないでしょうか?

実際にタイ国民の95%は仏教徒だそうです。
それに身近にお寺もたくさんありますし、とっても仏教に対しての信仰が厚い考え方をもっています。

その象徴ともいえるのが、このタイのお守りの文化にも表れているのかもしれません。

日本で「お守り」といえば、キーホルダーのように鞄につけたりはするものの、
そのまま肌身離さず持ち歩くということは少なくありませんか?
しかし、タイのお守りは基本的にはペンダントのようにして肌身離さず持ち歩きます。
(タクシー運転手や、トラック運転手のような職業のひとは車にぶら下げたりもしていますが)

さらに、日本では1年くらい経ったり、願いが成就した場合は、
買ってきた場所(お寺や神社など)に持って行って「返す」といった行為をしますよね。
しかし、タイの場合はそのようなことはありません。

F6

基本的に1度自分のものにしたお守りは大切に、代々受け継いだりもします。

ですので、もしタイ人と仲良くなることがあったとして、
その人があなたに自分が付けている「お守り」をくれたとしたら、
それは大変な重要な意味を持ちます。
粗末には決して扱わないようにしましょう。

ちなみにタイのお守りのことを「プラ」とか「プラクルアン」と呼びます。
仏像や僧侶をかたどっています。
お寺でつくられ、僧侶が儀礼によって1つ1つに性根を入れます。

そのため、有名なお寺で有名な僧侶によって作られたプラクルアンは、
高額で取引されることもあります。
あるお寺ではプラクルアンを買い求めるのに、争奪戦になり
怪我人や死人まで出たという報道もありました。

それほどまでにプラクルアンはタイ人の中で重要なアイテムなのです。

そんなわけで、たまにではありますが、プラクルアンのニセモノも存在します。
もちろん本物を見分ける鑑定士もいるほどです。
プラクルアンにはいくつか扱うルールがあります。
・雑多な扱いはしないこと。
・腰より下に置かないこと。
・身につけずに保管するとき(寝る時など)は、目線より高い位置に置くこと。
・付ける時と外す時には、裏表両面に礼をすること。
・付けたままの飲酒・排便・性交渉など俗なことは避けること。(服の中に隠せばOK)
などです。

しかしながら、プラクルアンはタイの文化でもあり、
ラッキーアイテムでもあります。
ファッション的にもペンダントのように可愛く身につけることもできますので、
わたしも一つ持っていますよ。

Posted in タイ体験記 | コメントは受け付けていません。

タイのタクシー

タイはとても暑いです。
そして物価が安いです。

以上、この2つが合わさると「よし!タクシー乗っちゃえ!」という思考になるのは私だけではないと思います。

タイにはとてもタクシーが多いです。
すぐに捕まえられますし、なんといっても料金が安いです!
初乗り料金はなんとなんと!35バーツ(約100円)。
メーターを使って走行しますが、1時間乗っていても2000円はしたことありません。

日本では全く考えられないくらいですよね。
ちなみにタイの首都であるバンコクにはBTSスカイトレインやMRTといった地下鉄もありますが、
複数で行動するときなどはタクシーのほうが安かったりもします。

最近では、ガソリンの値上げ等の影響で、メーターの料金の上がり具合を高くしようといった新メーターもあるそうですが、
まだまだ安いものですよね。

F5

さて、タクシーに乗る方法なのですが…
日本とは違う部分が少々あります。

まず、停め方。
日本みたいに手を上に挙げても停まってくれますが、周りにそんな人はあまりいなくてはずかしいかもしれません(笑)
タイ流の合図の仕方は、人差し指を少し立てて、斜め下に出します。
その際に運転手がちゃんとみているか確認してくださいね。

無事に停まってくれたら、ここからがちょっと難問です。
自分で助手席ないし後部座席のドアを開けます。
ちなみに自動で開いたり、わざわざ運転手さんが下りてきて開けてくれるの日本のタクシーは、世界中からしても珍しい部類に入るのではないでしょうか?

タイのタクシーの運転手さんが「日本人はドア閉めていってくれない」とボヤいてたのを聞いたことがあります。
みなさんも、自動ドアが当たり前なのは日本だけと思って、ドアの開閉は忘れずご自身でお願いしますね^^
ちなみに私は、タクシーに乗るのはタイでの方が圧倒的に多いので、たまに日本のタクシーに乗ると
ついつい降りるときにドアを閉めてしまいそうになります(笑)

あら、話はそれてしまいましたが、タクシーのドアを開けましたね。
その次に運転手さんに行き先を告げます。
ちゃんとした発音なら行き先だけでもいいですし、より正確に伝えるなら行きたい場所の前に「パイ(行く)」と付けます。
もちろん紙に書いて見せてもいいですが、英語表記の場合は通じないこともありますので、タイ語表記で準備しておくといいですよ。

行き先を告げると、運転手さんが「うん」というか首を横に振るかします。
「うん」といったらそのまま乗りこんでOKです。
しかし横に振ったら乗車拒否なので違うタクシーをさがしてくださいね。
よくあることなので気にしないでください。

また、乗ったらメーターをちゃんと作動させたか確認しましょう。
メーターを使わず後から高額請求するぼったくりタクシーもあります。

そして、これは絶対覚えておいてください!!
タクシーの中では絶対寝ないように。
どこか連れてかれちゃいます☆

 

Posted in タイ体験記 | コメントは受け付けていません。

友達の誕生日会に行ってみた

タイにはタイ人の友達もいますが、日本人の友達もいます(*´ω`*)
彼とは私が初めて渡タイしたときからの付き合いなので、もはや兄のような存在です。
せっかくなのでここでの名前は「ノリ兄」としておきます☆

ノリ兄の奥さんはタイ人で、タイ人との付き合いかたや、タイの文化についても
たくさん教えてもらいました。
さすがの私でも1人でタイのディスコへは行けなかったのですが、
初めてタイのディスコなど夜のタイライフを紹介してくれたのもノリ兄です(^-^)

そのノリ兄の友達(タイ人)の誕生日会があるということで、
なんと一緒にいくことになってしまいました!
タイ人は「友達の兄弟も仲間」といった考え方が日本より強い文化があります。
日本人の兄弟とかって大人になると、めったに一緒に遊びにいったりしませんよね?

でもタイ人の兄弟でも姉妹でも、大人になっても子供の時と変わらず一緒に遊んだりします。
割とどこへ行くにも一緒なのが当たり前なのです。
ですので、予告なく兄弟姉妹を仲間内の集まりに連れてきても、誰ひとり文句も言いませんし、
違和感なんかありません。

私たちにとっては、そんな違和感のなさが逆に違和感ですよね(笑)

さらに赤の他人同士でも、仲のいい友達同士で年齢が違えば気安く
「兄弟」と言いあったりします。
コミュニティーサイトのfacebookなんかやっているタイ人の友達の、
「family」とか「brother sister」なんて区分をする部分に、実の兄弟と並んで
仲のいいともだちがずらーっと並んでいたりします・・・結構混乱します(笑)

今回も血は繋がっていませんが、あたかも本物の「妹」かのように
ノリ兄の友達の誕生日会に参加させてもらってきました(^-^)

タイの誕生日会はあまり日本と違うところはないかもしれません。
でも、以前からの決まり事として、誕生日の人が全員分のお会計を支払うという
暗黙のルールがあるらしいです。

それに、私が参加したグループは20代真ん中の世代で、男の子の仲間みたいです。
でも、私みたいな「妹」とか彼女とかも来ていたので、男女比は半々くらい。

流行りのリバーサイドのレストランで開催しました。

そのグループがそうだっただけかもしれませんが、特にバースデーケーキがでてくることなく、
プレゼント渡す時間があるわけでもなく、ただ集まって話すといった感じです。
(というか、誰ひとりプレゼントを持参してませんでした(笑))
イベントといえば、最後にみんなで写真撮ったくらいでした。

チャンスがあれば、また他の誕生日会にも参加してみますね(笑)☆

Posted in タイ体験記 | コメントは受け付けていません。

タイで年越しをしてみた

皆さんもご存知の通り、タイは一年中暖かい(暑い?)国です。
一年中半袖で過ごすことができます。

おしゃれなタイ人の若者は、長袖でお洒落したいために、ちょっとで肌寒い日があろうものなら、ここぞとばかりに用意していた長袖のセーターやら上着やらを着て楽しんでいます・・・
が、首都バンコクでは最低気温でも15度くらいにしか下がらないので、汗をかきながらマフラーをしている人もいます(笑)

実はタイでも北部のチェンマイなどでは、日本の秋~冬くらいの気温になるところも存在します。

もちろん長袖にジャンパーという出で立ちとなる訳ですが、基本的にはタイのほとんどが「暑い・すごく暑い・めっちゃ暑い」の3段階だと思っていただいて構わないでしょう。

そんな常夏の国、タイのバンコクのお正月っていったいどうなってるの?
という興味と、たまたまチケットがとれたということもあって人生初の海外年越しにいってきました(゚∀゚)

あ、そういえば、実は年越しまではいかなくても、クリスマスを過ごしたことは1度ありました。

24日まではバンコクで過ごし、25日のフライトで帰国したのです。
その時、飛行機が離陸してすぐの機長の挨拶の際に、機長が「Merry Christmas!」とかっこよく、且つ完璧な発音で締めくくっていたのを鮮明に覚えています(笑)

ちなみにそのときはやっぱり半袖で、雪もないし息も白くないクリスマスは全く雰囲気も感慨もなく、街も一応イルミネーションの真似事みたいな状態のものもありますが、全然その気にならずに普通の1日を過ごしていました。

日本のクリスマスのような浮き足立った空気もなく、デパートでもあまり「クリスマス商戦」的な感じが見られませんでした。

その時に雪だるまのオブジェがデパートの前に飾ってあったので、写真をとったのですが、やはり半袖&サンダルに雪だるまがあってもアンバランスなだけで、違和感の残る写真になりました。

今回はクリスマスは日本で終えて、年の瀬も迫る28日に出発です。

タイの首都であるバンコクの行きつけのホテルに滞在したのですが、予約もあまり混雑しているわけではなさそうでした。
日本の旅館だったら半年前から満室ですよね~!

そして、年末は日本のように大掃除をするわけでもなさそうで、「師走」なんてどこへやらといった感じでいつもの通りの生活みたい。

一応年越しはパブやレストランでカウントダウンイベントがありました。

おしゃれなスポット、トンローのパブレストランへ友達に連れていってもらって、年越しイベントに参加しました・・・といっても、日付変更ととも「わ~!」っと盛り上がっただけで終了(;´Д`)

1月1日にはおせち料理もなく、焼き鳥を食べて過ごしました。

やっぱり年越しは寒くなくては雰囲気でないみたいです(笑)

Posted in タイ体験記 | コメントは受け付けていません。

タイ式の結婚式に参加してみた

今回はタイ式の結婚式に参加してみたお話をしたいと思います。

タイの結婚式のと日本の結婚式と違うところはたくさんありました。
タイでは結婚しても、「結婚式を挙げなければ結婚したと認められない」といったような習慣(?)があります。
決まりではないので、そんな雰囲気だということです(笑)

なので、かなりの高確率で結婚するなら結婚式は必ずします。
もちろん再婚の場合でも大がかりな結婚披露宴も執り行います。

しかし、実は結婚式を挙げても戸籍は入れないというような習慣もあったります。
法律のことはよくわかりませんが、日本とは逆ですよね。

タイの結婚式は、仏前式・教会式・人前式などあります。
さらに披露宴はホテルなどで豪勢にやったりします。


今回参加した友達は、タイではちょっといい中流といった家庭なので、どちらかといえば質素な感じの結婚式でした。
でも、新婦の家庭は仏教信徒、新郎はクリスチャンなので、仏前と教会式と2度結婚式をすると言っていました(笑)

さて、今回私が参加したのは、よりタイっぽい仏教式のほう☆

流れ的には…

新郎とその家族が新婦の家に迎えにくる→お金を新郎両親から新婦両親へ渡す(札束!)
→新婦の家の仏壇(祭壇?)にお参りする→みんな揃ってバスで式場へ。

まずここまでが第一章(笑)

この「儀式」で約1時間くらいかかり、その後いよいよ式が行われる会場へ移動です。

会場へ移動すると、何組かの新郎新婦が家族とともにすでに待っていました。

今回はタイでも珍しい「結婚式センター」みたいな施設で、数組が一緒に式をするスタイル。格安だそう(笑)

この式の時間がポイントです!!!

仏教的教えのせいか、縁起を担ぐのが大好きなタイ人。

もちろん結婚式にも「いい時間」があります。

この日のいい時間は朝の7時!!!!

この7時に縁起のいい仏教の言葉がちょうど式中で唱えられるように、逆算してこの日のスケジュールが決められていました。
ですので、先程の新婦の家へ集合する時間は朝5時だったんです(笑)

もちろん新婦は友達なので、化粧するとこから付き添いました。。。朝2時起きです(笑)
「朝2時は『朝』じゃなくて、まだ『夜』だよ~」。

そのような早起きだった今回のタイ式の結婚式は、数組合同で式を終えたら、それぞれのカップルに分かれて、改めてまた儀式もします。

新郎新婦の頭を白い糸でつなげたり、聖水のようなものを新郎新婦の手に掛けたり、1人ずつ新郎新婦にお祝いの品を渡したり…とにかく参加型でやることが多かったです!

初めてのタイ式結婚式、とっても早起きで長くて大変だったけど、とっても記憶に残る式になりました☆

Posted in タイ体験記 | コメントは受け付けていません。

タイのお寺巡り

タイと言えば「お寺」が有名ですよね。
実は私はあまりお寺に興味がなかったんです。

日本にいてお寺なんて、ほとんど行く機会がないですから(・_・;)
でも、タイのお寺は別です。

いまではタイ流のお参りの仕方も友達に教えてもらっちゃいました(笑)
タイのお寺って、若い人も良く行くスポットなんです。

特にデートで立ち寄ったりもするらしいですよ。
日本で言うところの、大雑把に「公園」って感じの意識でしょうか。

とにかく、タイの生活の中で「お寺」の存在はとっても身近で重要な位置づけなのです。

そんなわけで、タイへ行き始めた当初はほとんどお寺に興味のなかった私。
あるとき半ば強引に友達につれられてお寺巡りをしてから、ちょっと興味がでていきました。

その後、東日本大震災があった後にタイへ初めて行った時、その友達が「さぁ、日本の復興をお願いしにお寺に行こう」と
前から決めていたかのようにたくさんのお寺に連れて行ってくれました。
その時は、確か2~3時間で10か所近くのお寺へ足を運んだ記憶があります(笑)
祈れば祈るほどご利益ある・・・ってことなんでしょうか?

普段タイ人もこんなにたくさんを一気に回ることはないんでしょうが、私の友達は25歳くらいの今風の若者なのに、
「このお寺はこういうお寺で、こんな効き目がある」ってことをかなり良く知ってるんです。
タイの若者ってみんなそうみたいですね。
どこにどんなお寺があるとか、デートスポットを知るように良く知っています(笑)

さて、実際にお寺にいってからですが、基本的なお参りの仕方は共通しています。
いくらか支払ってお供えのお花とろうそくやお線香を買います。
それを恙無くお供えしたら、お経のような決まり文句「ナーモタッサパカワトーアラハトーサンマーサンプッタサ」と3回を唱えながら
拝礼をします。
それから願い事をするのだそうです。

ちなみに願い事は具体的かつ明確にするとかないやすいのだそうですよ☆
さらに、タイでは願い事が叶ったらお礼にお参りに再度来る習慣がありますので、叶ったらお礼に行ってくださいね(笑)
「願をかなえていただいたら○○をします」と願うとかなえて頂ける確率がUPするそうですので試してください。
(○○をお供えしにきます、タイ舞踊を見せにきます等)

それから叶えたい願い事の種類に応じて、仏様の身体の部分に金箔をはったりもします。
・頭…精神面を強くする。問題解決。
・胸…魅力的になる。
・手…権力
・足…豊かな暮らし。安全祈願。
・お腹…仕事、豊かさ。
・おへそ…金運。

タイへ行ったら是非お寺にいってみてくださいね♪

Posted in タイ体験記 | コメントは受け付けていません。