タイのお菓子

タイにも、日本でいう「和菓子」みたいな伝統的なお菓子だけじゃなく、
他にもたくさんのお菓子が発売されていてスーパーやコンビニなどでよくみかけます。

日本のようなチョコレート菓子もありますし、ちょっと変わったものがはやっていたりもします。
ちなみに、タイ人の友達に「(日本の)お土産なにがいい?」ときくと、かなりの高確率で
「日本のチョコがいい!!」というリクエストがきます。

どうやら日本のチョコっておいしいらしいです(笑)
マカデミアナッツとかの外国産チョコのほうがおいしいイメージのある私には、
最初「え?」と意外に思えました。

でも、ちょっとタイの事を知ってくると、結構日本のお菓子のレベルって高いことがあわかります。

タイ人の友達のリクエストはまだ続きました。
「他に、日本の飴!」・・・飴?(;^ω^)
『日本の飴』というので、昔からある「塩飴」とか「黒飴」のことを想像したのですが、
どうやら普通のフルーツ系やミルク系の飴が欲しいそうで。

チョコの件といい、飴の件といい、「日本のがおいしい」というわれても、
あまり納得できてない私がいました。

E5

しかし、タイへ行って、タイで売っているお菓子を実際に食べてみたら、友達の言っている意味がわかりました(笑)

タイの飴って甘いだけで「濃く」とか「旨み」みたいのがないんです(・ω・;)
確かに日本のフルーツ飴っておいしいです。
特に日本ののど飴ってかなり技術高いなぁ~なんて思ってしまいました(笑)

ちなみにタイのお菓子って面白いものもあります。
ここ数年では「のり」がはやっているみたいです。

・・・あの「のり」です。
漢字でかくと「海苔」。
食べてみれば単なる味海苔なんですが、それを大き目にカットして銀色でジッパーがついている袋に入って売られています。

スーパーやコンビニで気軽に手に入り、若い女子の間でも人気のようです。
テレビCMでも女の子がおやつがわりに食べるようなイメージで宣伝していました。

普通の味に加えて、唐辛子の風味の「スパイシーホットテイスト」やら「焼きとり味」やらたくさんの種類があります。
大きさも持ち歩きサイズやお徳用サイズなんてものもありますので、用途に合わせてお選びいただけます(*´ω`*)

私も何気なくコンビニで買ってみたところ、とてもおいしくて(といっても濃い目の味がついた厚めの味海苔ですが(笑))
おやつがわりに食べています。
お土産にも軽くて良いです☆

他にも日本にないようなちょっと変わったお菓子もありますが、食事で冒険するよりは
いくらか「安全」(?)な気がしますので、是非色々試してみてくださいね☆

 

Posted in タイの食べ物 | コメントは受け付けていません。

辛くない食べ物

タイへ旅行へ行くにあたって、ちょっと心配&楽しみなことの一つに「食べ物」があると思います^^

どうでしょう?タイ料理のイメージってどんなものでしょうか?

・・・おそらく「辛い!」というイメージが強いのではないしょうか。
確かにタイ料理は辛いのが特徴でポイントです。

しかし、実はこの私、タイへは10回以上行っていますが、辛いものは苦手です。
というか全く食べられません(笑)

みなさんの中にそんな人も多いと思います。
そんなみなさん!安心してください。
辛いものが苦手でもタイでの食事を楽しむことは出来ます(*・∀・)
「辛いものが苦手だから」という理由でタイ旅行を諦めることはないのです!

E4

では、タイでの食事で辛いもの以外には何があるか。
それは基本的に「中華料理」と「麺類」です。

タイは中国と陸続きで繋がっていますよね。
そのため昔から中国文化が色々と入ってきています。
タイ人の中にも中華系の人も多いです。

タイには中華料理屋さんもたくさんありますし、タイ料理の一部は中華料理の流れからアレンジされたものがたくさんあります。

具体的には「豆腐のスープ」「野菜炒め」「チャーハン」このあたりは、日本で食べられる中華料理とほぼかわらないレベルです。

麺類の中でも辛くない料理はたくさんあります・・・が、とびっきり辛いものもありますので、その辺は注意が必要です。
麺類で辛いかそうでないかをみわけるのは、「色」です(笑)
赤いのが辛いです。
赤いつぶつぶが入っているものも辛いので気をつけて下さい。

私がよくたべるのは「クイッティアオヌア(牛筋きしめん)」とか「バミー(タイラーメン)」です。
これは全くもって優しい味の安全圏です。
他にも麺類だと「パッタイ(タイ焼きそば)」なんかも安全なことで有名ですよ(笑)

また、最近は私もタイ料理の代表格「トムヤムクン」に挑戦したりしています。
これは世界でもおいしい辛いスープとして有名なのですが、辛味と同じくらい酸味もポイントになった料理です。
この酸っぱさがとっても好きなので、注文するときに「アオ マイ ペッ(辛くしないでください)」と注文しています。

まぁ、こういうと3分の2の確率で「マイペッ マイアロイ(辛くないとおいしくない)」と言われます(-_-;)
でも辛いと食べられないので、ここでも交渉します(笑)
「アオ マイ ペッ(辛くしないで)」
「マイ コイ ペッ ダイマイ?(あんまり辛くしないのでいい?)」
「ペッ キンメダイ(辛いの食べられない)」
「OK ペッ ニッノイ ナ?(OK ちょっと辛いのでね?)」

だいたい毎回こんなかんじです(笑)
タイ料理はとってもおいしいので、是非失敗を恐れずにどんどん挑戦してくださいね!

Posted in タイの食べ物 | コメントは受け付けていません。

甘い食べ物

タイで甘いものといえば・・・たくさんあって一言ではお伝えできないほどです(笑)

タイ料理って辛いイメージがあると思うのですが、
私が何度もタイへいって感じたのは「タイ料理は主張の激しい味が多い」ということです。

つまり「辛い」を筆頭に、「酸っぱい」「甘い」「しょっぱい」「コショウっぽい」・・・といった
「味」がはっきりわかる料理が、とかく人気があり「おいしい」とされているようなのです。

ですので、慣れるまでは「薄味」を基本とする日本人は
ちょっとびっくりすることが多いのかもしれません。

そのなかでもここでは特に「甘いもの」をご紹介しますね☆

まず、甘いものといえばデザート系やお菓子類でしょうか。
いきなりはっきり申し上げるのも何なのですが・・・
甘そうなものは、だいたい「すごく甘い」です(笑)

さらに、甘くなさそうなものも「やたら甘い」ものが多いのでご注意ください(*´ω`)ノ


ちなみにケーキやパンに使われている「クリーム」。
これには私もびっくりしました。

日本でのイメージだと、カスタードクリームやチョコトクリーム。
で、白い色ならば生クリームですよね?

しかし、タイの「クリーム」は基本的に「バタークリーム」。
生クリームだと腐りやすくて日もちが悪かったり、
持ち歩きにくかったからでしょうか?

とにかくバタークリームは甘ったるいわりに、全く口からいなくなりません。

それに正に作った甘さで、
生クリームの口どけや滑らか感を想像して口に運ぶとゲンナリします(笑)

いや、バタークリームはそれはそれで、旨みというか有利な点もあります。
生クリームに比べて傷みにくく、溶けにくい性質があるので
ケーキなどのデコレーションが派手な形にできます。

それにどうやら色をつけやすいみたいで、
決まってバタークリームのケーキは、黄緑やらピンクやらの
やたらと発色の豊かできれいな色をしています。
・・・私が母親だったら、子供に食べさせるのを躊躇するくらいです(;^ω^)

あと、私が実際に食べてびっくりしたのは、
これもデザートなんですが「ブアローイ・ナムキン」という中国系のスイーツです。

「ブアローイ・ナムキン」はタロイモで作ったゴマ団子を、
ショウガ汁にいれて煮たものです。

もちろんタイで初めて食べたんですが、
ショウガ汁のショウガ感(?)と、ゴマ団子の甘いのが混ざり合って、
しばらく仰天しました。

最近では慣れてきて、逆に癖になる感じなのですが、
当初はそのこれまで味わったことのない主張の激しい味に
度肝を抜かれました。

ちなみにこれは茶色だしショウガの香りで、
見た目は全く甘そうには見えませんよ(笑)

Posted in タイの食べ物 | コメントは受け付けていません。

辛いタイ料理

タイ料理といえば「辛い!!」というイメージ、ありますよね?(^-^)
その通りです。
タイ料理って辛いもの多いんです。

「甘い、辛い、酸っぱい」というのがタイ料理の特徴。
この3つのバランスと好みで料理の味が決まって来ます。
ただ辛ければいいというのではなく、この3つがうまく絡み合うことがタイ料理のポイントなのです。

タイの「辛さ」の基本はやはり唐辛子ですよね。
それに加えてコショウの「スパイシー」な辛味も参加してきます。

タイ料理にはそのまんま唐辛子が入っていることもありますし、
辛味が足りない場合は、必ず卓上に設置されている「4種類の調味料(砂糖、酢、タイの魚醤油、乾燥唐辛子)」で辛味を足すこともできます。

タイ料理の代表的メニュー「トムヤムクン」。
エビのスープですが、これも辛いことで有名ですよね。
トムヤムクンペーストがそもそも辛いのですが、これに唐辛子を加えてさらに辛くします。

実はこの超有名料理のトムヤムクンですが、色の濃いものと透明なものがあるのをご存知ですか?

日本で通常出されるのは色の濃いもの「トムヤムクンナムコム」といいます。
逆にあまり日本ではポピュラーではない透明なほうは「トムヤムクンナムサイ」と呼んで区別します。

ナムコムの方はココナッツミルクが入っていて、多少まろやかでコクがあります。
ナムサイはストレートな味が好みの方にお勧めです。
タイではどちらも同じくらいのニーズはありますが、日本ではナムコムがなぜかトムヤムクンのイメージとなっていますよね。

試しにタイで「トムヤムクン」とだけ注文すると、「どちらにしますか?」ときかれることもあり、店員さんがどちらかを適当に選んでだしてくれることもありです(;^ω^)

ちなみに、私は辛いものが苦手です。
辛いものは、中辛のカレーすら食べられません(笑)
そんな私ですが、トムヤムクンは大好き!
辛味もしかりですが、トムヤムクンの酸味が大好きなんです。

一応毎回注文するときには「アオ マイ ペッ(辛くしないで)」と注文しますが、タイ人の基本的の考え方には「(トムヤムクンは)辛くないとおいしくない」というベースがあるので、そんなに辛くなくはしてくれません(笑)

そんなこんなで、徐々に辛さも慣れてきました・・・まだまだですけど(・ω・;)

もちろんタイの料理には辛くないものもたくさんあるので、辛いのが苦手な人も楽しめますが、辛いのが得意ならばもっともっともっともっと楽しくなると思います☆

「もっと辛くして」というと、決まってタイ人シェフは「にやっ」としてくれますよ(笑)

Posted in タイの食べ物 | コメントは受け付けていません。

タイのデザート

タイといえば南国です。
タイ料理も有名ですが、フルーツだって負けてはいません!

私も女子の端くれ。フルーツには目がありません(*´ω`*)

タイへ行ったら、毎日のようにデザートにはフルーツを食べています。
マンゴー・ライチ・ドラゴンフルーツ・ドリアン・チョンプー・ココナッツ・ラムヤイ・ローンコーン・マンゴスチン・ランブータン・パパイヤ・・・・。
日本では高価、もしくは見かけることすらできない果物が山積みになって売っています。

しかも、信じられないくらい安いときてますので、
これは食べ溜め(?)しておかない手はありませんよね(*´ω`*)

しかもラムヤイ・ローンコーン・マンゴスチン・ライチ・ランブータン辺りは、ナイフがなくとも手で簡単に皮が剥けますので
とっても食べやすくて便利です。

他にもマンゴー・チョンプーはタイくらいでしかお腹いっぱい食べられないので、私はいつも100均で買ったフルーツナイフを持参して、
ホテルで剥いて切って食べています。

さらに、フルーツ以外の珍しいデザートもありますよ。
たくさんあるのですが・・・例えばルアムミット。
これは市場ですとか、フードコートのデザートコーナーでは必ず見かけます。
お皿に山盛りに色んなカットフルーツやタピオカ、もち米などが積んであるお店です。
その中からお店の人に言って(指差しでもOK)選び、カップにいれてもらい、仕上げにかき氷とココナッツミルクをかけてもらいます。

日本でいうと・・・白くま?
韓国のパッピンズのタイバージョンみたいなものでしょうか。

他にも、暑い国ならではといった具合に、非常にアイスクリーム屋さんは多いです。
アイスを積んだ手押し車のおじさんを捕まえて、
タイ名物の「食パンにアイス乗せ」という名前もないようなデザートを数十円で食べてみるのも面白いでしょうし、
ちょっとこじゃれたお店でジェラードなんてものも、街をちょっと歩けば見つけられるでしょう。

ともかく、私の印象では日本に比べてとかく「デザート」の種類が豊富だと思いますので、
「食後のデザートは必須!」「甘いもの大好き!「フルーツ大好き!」という人には、まさに天国かもしれません(*‐ω・*)

私がとくに好きなのは、「ブアローイ」といってタロイモで作ったもちもちのモチを、ココナッツミルクに入れたものです。
これは温かいデザートで、冷たいものが多い中でとってもホッとできるデザートです。

普段デザートをだべない人でも、日本では体験できないデザートがたくさんありますので、是非挑戦してくださいね☆

Posted in タイの食べ物 | コメントは受け付けていません。