友達の誕生日会に行ってみた

タイにはタイ人の友達もいますが、日本人の友達もいます(*´ω`*)
彼とは私が初めて渡タイしたときからの付き合いなので、もはや兄のような存在です。
せっかくなのでここでの名前は「ノリ兄」としておきます☆

ノリ兄の奥さんはタイ人で、タイ人との付き合いかたや、タイの文化についても
たくさん教えてもらいました。
さすがの私でも1人でタイのディスコへは行けなかったのですが、
初めてタイのディスコなど夜のタイライフを紹介してくれたのもノリ兄です(^-^)

そのノリ兄の友達(タイ人)の誕生日会があるということで、
なんと一緒にいくことになってしまいました!
タイ人は「友達の兄弟も仲間」といった考え方が日本より強い文化があります。
日本人の兄弟とかって大人になると、めったに一緒に遊びにいったりしませんよね?

でもタイ人の兄弟でも姉妹でも、大人になっても子供の時と変わらず一緒に遊んだりします。
割とどこへ行くにも一緒なのが当たり前なのです。
ですので、予告なく兄弟姉妹を仲間内の集まりに連れてきても、誰ひとり文句も言いませんし、
違和感なんかありません。

私たちにとっては、そんな違和感のなさが逆に違和感ですよね(笑)

さらに赤の他人同士でも、仲のいい友達同士で年齢が違えば気安く
「兄弟」と言いあったりします。
コミュニティーサイトのfacebookなんかやっているタイ人の友達の、
「family」とか「brother sister」なんて区分をする部分に、実の兄弟と並んで
仲のいいともだちがずらーっと並んでいたりします・・・結構混乱します(笑)

今回も血は繋がっていませんが、あたかも本物の「妹」かのように
ノリ兄の友達の誕生日会に参加させてもらってきました(^-^)

タイの誕生日会はあまり日本と違うところはないかもしれません。
でも、以前からの決まり事として、誕生日の人が全員分のお会計を支払うという
暗黙のルールがあるらしいです。

それに、私が参加したグループは20代真ん中の世代で、男の子の仲間みたいです。
でも、私みたいな「妹」とか彼女とかも来ていたので、男女比は半々くらい。

流行りのリバーサイドのレストランで開催しました。

そのグループがそうだっただけかもしれませんが、特にバースデーケーキがでてくることなく、
プレゼント渡す時間があるわけでもなく、ただ集まって話すといった感じです。
(というか、誰ひとりプレゼントを持参してませんでした(笑))
イベントといえば、最後にみんなで写真撮ったくらいでした。

チャンスがあれば、また他の誕生日会にも参加してみますね(笑)☆

This entry was posted in タイ体験記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.