友達づきあい

タイ人とも友達づきあいについて、日本と違うところはたくさんあります。

・・・とはいっても、基本的に人と人との付き合いですので、気持ちが通じていれば問題ないといえばそうですが(;^ω^)

タイ人の友達と付き合っていて、色々な違いにびっくりすることがあります。

例えば、携帯電話。
携帯電話の番号は割と簡単に教え合います。
「友達だから大丈夫」といったかんじで、本人に了承も得ずに教えてしまったりしますが、
事前に言ってなくても知らない番号でも基本的には、出ます(笑)
そんなことでタイ人は怒りません(;^ω^)

これはタイの携帯電話の番号が気軽に変えられるものであることが影響してるのかもしれませんね。
さらに、家族や兄弟とやたら仲がいいこともちょっと日本と違いがあるかもしれません。
「今日はお母さんを病院に連れていくから遊べない」というのも大人になってもよくあります。
タイではお母さんが家庭の中心といった風潮といいますか、空気があるので
ここもちょっとカルチャーショックを受けるポイントかもしれません。

事前に何かの約束をしていても、その日にお母さんとの用事ができるとそちらを優先しなければいけません。
なので、わがままなお母さんを持った人は、結構振り回されています(-_-;)
でも、本人はそうするのが「当たり前」なので「振り回されている」などという感覚がないのです。
全く不思議な考え方ですよね。
もちろん兄弟とも仲がいいので、遊ぶ時に連れてきたりします。
私は一人っ子ですので、連れていく感覚も連れていかない感覚もわからないのですが、
日本で飲み会に「弟連れてきた」とかあまり聞かないし、そんなことあったら違和感を感じるような気がするので、
兄弟と普段から行動を共にすることは日本では珍しいことなのではないかなぁと思っています。

しかし、タイでは兄弟が毎日連絡とったり、一緒に遊びにいったり、どちらかの友達との会に連れていったりするのは
全く普通のことなのです。
ですので、私もタイ人の友達の兄弟とはほとんど会ったことがあります(笑)
これと同様に彼氏や彼女といつも一緒なのも当たり前のことのようです。
日本ならば何かの集まりに行く時に、突然彼氏や彼女を連れていくことはまずないと思います。
もしそうなったら「行ってもいいかな?」「大丈夫?」とみんなに確認をしますよね?

タイでは「一緒にいることが当たりまえ」なので、いちいちみんなの了承を得る必要はありません(笑)
来ることが当たり前だと皆も思っているので、突然来たりしてもびっくりなんてしません。

郷に入れば郷に従え。。。すぐになれます(笑)☆

This entry was posted in タイの日常. Bookmark the permalink.

Comments are closed.