友達が出家した

「友達が出家した」
こんなこと日本でなんて聞いたことないような話ですよね。
日本で「出家」といったら、「一体なにがあったんだ?!」と、とてもびっくりする話です。

しかし、タイではこんなことが日常的にあります。
現に私のタイ人男友達も3人程、今までに出家しちゃってます(笑)

タイは国民の多くは仏教信者です。
お寺も大変多いですし、レストランや会社には必ずといっていいほど祭壇がありますし、
もはや日常の一部に仏教がはいりこんでいるといっても過言ではありません。

G4

そのため、お坊さんはタイではとても高貴な存在です。
なんと、電車には「お坊さん専用シート」まで存在する程。
さらに、お坊さんは女性に触れてはいけないなんていう決まりもあります。
女性に触ってしまうと、これまでの徳が0になってしまうんですって!!
・・・でも混雑した市場やバスに乗ってたりもします(笑)
そんなときにはみんな必死で避けてます(笑)

タイではそんな高貴なお坊さんになるのは、とてもとても名誉なことです。
特に息子がお坊さんになるのは、大きな親孝行とされています。
そのため、男の子は人生のどこかで出家する風習があります。
現代でもその風習は続いています。

学生や幼い時に出家してしまうパターンもありますが、
社会人になってから休暇を利用して出家するといったケースもあります。
一番びっくりしたのは、日本のタイパブで働くタイ人友達。
ちゃらちゃらした茶髪の20代前半で、出来ちゃった結婚しています。
タトゥーにピアス、タバコもがんがん吸います。
そんな奴が、急に出家したんです!

自慢の髪の毛ももちろん剃りあげて、裸足で托鉢や修行をしているんです。
でも「どうして出家したの?」なんて聞けませんでした。
だって出家することは当たり前のことなので、聞いても無駄だと思ったからです。

しかし、この人まで・・・こんなこともあるんですね~(;゚д゚)

ちなみに出家したら、その後ずっとお坊さんになるわけではなく、
終日~数カ月程度の短期出家(?)をすることが多いです。

彼の場合は数カ月出家する予定だそうですが、
他の友達は数週間を何度かに分けて出家したりしていました(笑)

ちなみに、出家中でもインターネットは使えるようで、チャットで話掛けてきます。
一体どういうシステムになっているのでしょう。全く想像できません(笑)
携帯電話も修行の合間ならば使っても問題ないらしく、
私がタイにいる時には出家先から
「困ってることない?せっかくタイに来てるのに会いにいけなくてごめんね」
と、ちょくちょく電話してきてくれました。

そんな習慣と現代文化がいりまじった面白い国なんですよね☆

This entry was posted in タイの日常. Bookmark the permalink.

Comments are closed.