ワット・ポー

タイはお寺がたくさんあります。
その中でも特に「あの仏像」で有名なのが、この「ワット・ポー」です!

「あの仏像」とは、よくテレビや雑誌、ガイドブックなどに載っている、ごろんと寝そべった「涅槃像」という寝転がった仏像です。

どうですか?
なんとなくどこかでみた記憶があるのではないでしょうか?(*・∀・)
タイ特集なんかでは必ずと言っていいほど紹介されていますよね。

もちろん、この仏像のあるワット・ポーは定番の観光スポットです。
そして、それだけではないのがこのお寺!
ひとつずつご紹介します☆

まずは、この名前「ワット・ポー」は「菩薩の寺」という意味があります。
ちなみに正式名称はワット・プラチェトゥポン・ウィモンマンカラーラーム」といいますが・・・覚えておく必要はないでしょう(笑)

先程もお話した「涅槃像」があることから、「涅槃寺」なんて呼ばれたりすることもあります。

そして、このワット・ポーはバンコクで最古の歴史を持ち、かつ最大の敷地面積を誇っていて、敷地面積は約80000㎢で、通りを挟んで南北に分かれています。
が、観光するようなところは北側に集まっていますので、間違えないようにしてくださいね。
ちなみに南側にはお坊さんの施設があるだけです。

次に、涅槃像。
金ピカで巨大なこの仏像。
なんと全長46m、高さ15mもあります。
一番のポイントは足の裏!!
土ふまずのない超偏平足(笑)・・・でもこれを笑ってはいけません。
ぺたっとしたこの偏平足は、悟りを開いた証拠なのだそうです。
足の裏の大きさは、長さ5m、幅1.5mあります。
108のありがたい絵が描かれているので、是非ここで写真を撮ってみてださいね。

さて、このワット・ポーにはお寺自体以外にも重要な見どころ(?)があります。
実はお寺の敷地内で本格的なタイ古式マッサージが受けられるのです。
それもそのはず、このワット・ポーはタイマッサージの総本山!
敷地内に2つある東屋(マッサージ場)で、本場のタイ古式マッサージが気軽に受けられます。
値段も良心的ですよ(*´ω`)
30分220バーツ(約600円)/1時間360バーツ(約950円)
日本では珍しい&高価なハーブマッサージも1時間480バーツ(約1450円)程度です☆

ちなみにワット・ポーへの入場料はタイ人無料、外国人は50バーツ(約120円)。
お寺の周りには有名な「今日はワット・ポーは休みだから、他の観光地へ連れていく」といった詐欺も多いので注意してくだいね。
また、チケット売り場の近くには、英語でお寺をしっかり紹介してくれる「ガイドサービス」もあるので、しっかり観光したい人は利用するのもいいかもしれませんね☆

This entry was posted in 観光スポット. Bookmark the permalink.

Comments are closed.