ホテルデュシタニ

ホテルデュシタニといえば、バンコクでも有数の老舗一流ホテルです。

この「デュシタニ」という名称はタイ語で「天国の街」という意味があるそうで、その名に恥じない気品が漂うホテルでもあります。

すぐ近くにルンピニー公園もあることから、喧騒と静寂のどちらも手に入れることが出来ます。

その歴史も古く、開業は1970年。

私の生まれるだいぶ前なんですねヾ( ̄0 ̄; )ノ

タイ王室や各国の来賓の御用達のホテルとしても知られています。

また、最近では韓国アイドルが宿泊していた・・・なんて噂も聞きます。

場所はシーロムエリアと呼ばれる、バンコク1のオフィス街のすぐ近くにあります。

このオフィス街の近くには有名な歓楽街もありますので、夜の遊びもばっちりです(笑)

そんな理由も含めて、バンコクに出張に来たビシっとしたビジネスマン(ちょっといい会社の!(笑))がよく使ったりするホテルとしても有名です。

目の前には地下鉄MRTシーロム駅があります。

本当に目の前で、徒歩1分もありませんよ(笑)

ほんの数歩です。

このシーロム駅から屋根付き高架通路を歩いていけば、雨が降っていても濡れずにBTSサラデーン駅まで行ってBTSを利用することも出来ます。

BTSと地下鉄の両方を利用できれば、渋滞に巻き込まれずに色んなところへアクセス良く出かけられますので、観光という点からも優れたポイントです。

MRTシーロム駅からBTSサラデーン駅までは、徒歩5分くらいですので、とっても交通の便のよい立地ですよね。

さらに、バンコク市内からなら「ロングレーム デュシタニ」(デュシタニ ホテル)でわかる程の知名度がありますので、運ちゃんに道案内せずに帰れる、帰りやすいホテルです。

しかしながら、さすがに創業から時間がたった「老舗」でありますので、ちょっとした老朽感は否めないかもしれません(;^ω^)

その辺りはやはり新しいホテルにはかなわない点かもしれませんが、まだまだ老舗高級ホテルということで、私も一目置いています。

宿泊の値段は日本の感覚からいえば、意外と安いかもしれません。

こんなに「老舗」「高級」と言っている割に、実は3万円前後で泊まることが出来ます。

場合によってはインターネット割引やキャンペーン等を利用して、1万円以内で宿泊できちゃうこともあります。

日本にいてはなかなか味わえない「高級感」を味わうのにはいいチャンスだと思うので、是非一度泊まってみるのもいいですよね。

私の中でも「泊まってみたいホテル」のリストに入ってます☆

 

This entry was posted in バンコクのホテル. Bookmark the permalink.

Comments are closed.