タイのタクシー

タイはとても暑いです。
そして物価が安いです。

以上、この2つが合わさると「よし!タクシー乗っちゃえ!」という思考になるのは私だけではないと思います。

タイにはとてもタクシーが多いです。
すぐに捕まえられますし、なんといっても料金が安いです!
初乗り料金はなんとなんと!35バーツ(約100円)。
メーターを使って走行しますが、1時間乗っていても2000円はしたことありません。

日本では全く考えられないくらいですよね。
ちなみにタイの首都であるバンコクにはBTSスカイトレインやMRTといった地下鉄もありますが、
複数で行動するときなどはタクシーのほうが安かったりもします。

最近では、ガソリンの値上げ等の影響で、メーターの料金の上がり具合を高くしようといった新メーターもあるそうですが、
まだまだ安いものですよね。

F5

さて、タクシーに乗る方法なのですが…
日本とは違う部分が少々あります。

まず、停め方。
日本みたいに手を上に挙げても停まってくれますが、周りにそんな人はあまりいなくてはずかしいかもしれません(笑)
タイ流の合図の仕方は、人差し指を少し立てて、斜め下に出します。
その際に運転手がちゃんとみているか確認してくださいね。

無事に停まってくれたら、ここからがちょっと難問です。
自分で助手席ないし後部座席のドアを開けます。
ちなみに自動で開いたり、わざわざ運転手さんが下りてきて開けてくれるの日本のタクシーは、世界中からしても珍しい部類に入るのではないでしょうか?

タイのタクシーの運転手さんが「日本人はドア閉めていってくれない」とボヤいてたのを聞いたことがあります。
みなさんも、自動ドアが当たり前なのは日本だけと思って、ドアの開閉は忘れずご自身でお願いしますね^^
ちなみに私は、タクシーに乗るのはタイでの方が圧倒的に多いので、たまに日本のタクシーに乗ると
ついつい降りるときにドアを閉めてしまいそうになります(笑)

あら、話はそれてしまいましたが、タクシーのドアを開けましたね。
その次に運転手さんに行き先を告げます。
ちゃんとした発音なら行き先だけでもいいですし、より正確に伝えるなら行きたい場所の前に「パイ(行く)」と付けます。
もちろん紙に書いて見せてもいいですが、英語表記の場合は通じないこともありますので、タイ語表記で準備しておくといいですよ。

行き先を告げると、運転手さんが「うん」というか首を横に振るかします。
「うん」といったらそのまま乗りこんでOKです。
しかし横に振ったら乗車拒否なので違うタクシーをさがしてくださいね。
よくあることなので気にしないでください。

また、乗ったらメーターをちゃんと作動させたか確認しましょう。
メーターを使わず後から高額請求するぼったくりタクシーもあります。

そして、これは絶対覚えておいてください!!
タクシーの中では絶対寝ないように。
どこか連れてかれちゃいます☆

 

This entry was posted in タイ体験記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.