タイのお寺巡り

タイと言えば「お寺」が有名ですよね。
実は私はあまりお寺に興味がなかったんです。

日本にいてお寺なんて、ほとんど行く機会がないですから(・_・;)
でも、タイのお寺は別です。

いまではタイ流のお参りの仕方も友達に教えてもらっちゃいました(笑)
タイのお寺って、若い人も良く行くスポットなんです。

特にデートで立ち寄ったりもするらしいですよ。
日本で言うところの、大雑把に「公園」って感じの意識でしょうか。

とにかく、タイの生活の中で「お寺」の存在はとっても身近で重要な位置づけなのです。

そんなわけで、タイへ行き始めた当初はほとんどお寺に興味のなかった私。
あるとき半ば強引に友達につれられてお寺巡りをしてから、ちょっと興味がでていきました。

その後、東日本大震災があった後にタイへ初めて行った時、その友達が「さぁ、日本の復興をお願いしにお寺に行こう」と
前から決めていたかのようにたくさんのお寺に連れて行ってくれました。
その時は、確か2~3時間で10か所近くのお寺へ足を運んだ記憶があります(笑)
祈れば祈るほどご利益ある・・・ってことなんでしょうか?

普段タイ人もこんなにたくさんを一気に回ることはないんでしょうが、私の友達は25歳くらいの今風の若者なのに、
「このお寺はこういうお寺で、こんな効き目がある」ってことをかなり良く知ってるんです。
タイの若者ってみんなそうみたいですね。
どこにどんなお寺があるとか、デートスポットを知るように良く知っています(笑)

さて、実際にお寺にいってからですが、基本的なお参りの仕方は共通しています。
いくらか支払ってお供えのお花とろうそくやお線香を買います。
それを恙無くお供えしたら、お経のような決まり文句「ナーモタッサパカワトーアラハトーサンマーサンプッタサ」と3回を唱えながら
拝礼をします。
それから願い事をするのだそうです。

ちなみに願い事は具体的かつ明確にするとかないやすいのだそうですよ☆
さらに、タイでは願い事が叶ったらお礼にお参りに再度来る習慣がありますので、叶ったらお礼に行ってくださいね(笑)
「願をかなえていただいたら○○をします」と願うとかなえて頂ける確率がUPするそうですので試してください。
(○○をお供えしにきます、タイ舞踊を見せにきます等)

それから叶えたい願い事の種類に応じて、仏様の身体の部分に金箔をはったりもします。
・頭…精神面を強くする。問題解決。
・胸…魅力的になる。
・手…権力
・足…豊かな暮らし。安全祈願。
・お腹…仕事、豊かさ。
・おへそ…金運。

タイへ行ったら是非お寺にいってみてくださいね♪

This entry was posted in タイ体験記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.