タイのお守り-プラクルアン

タイは数々のお寺、仏像が観光スポットに組み込まれていることから、
仏教の国というイメージもあるのではないでしょうか?

実際にタイ国民の95%は仏教徒だそうです。
それに身近にお寺もたくさんありますし、とっても仏教に対しての信仰が厚い考え方をもっています。

その象徴ともいえるのが、このタイのお守りの文化にも表れているのかもしれません。

日本で「お守り」といえば、キーホルダーのように鞄につけたりはするものの、
そのまま肌身離さず持ち歩くということは少なくありませんか?
しかし、タイのお守りは基本的にはペンダントのようにして肌身離さず持ち歩きます。
(タクシー運転手や、トラック運転手のような職業のひとは車にぶら下げたりもしていますが)

さらに、日本では1年くらい経ったり、願いが成就した場合は、
買ってきた場所(お寺や神社など)に持って行って「返す」といった行為をしますよね。
しかし、タイの場合はそのようなことはありません。

F6

基本的に1度自分のものにしたお守りは大切に、代々受け継いだりもします。

ですので、もしタイ人と仲良くなることがあったとして、
その人があなたに自分が付けている「お守り」をくれたとしたら、
それは大変な重要な意味を持ちます。
粗末には決して扱わないようにしましょう。

ちなみにタイのお守りのことを「プラ」とか「プラクルアン」と呼びます。
仏像や僧侶をかたどっています。
お寺でつくられ、僧侶が儀礼によって1つ1つに性根を入れます。

そのため、有名なお寺で有名な僧侶によって作られたプラクルアンは、
高額で取引されることもあります。
あるお寺ではプラクルアンを買い求めるのに、争奪戦になり
怪我人や死人まで出たという報道もありました。

それほどまでにプラクルアンはタイ人の中で重要なアイテムなのです。

そんなわけで、たまにではありますが、プラクルアンのニセモノも存在します。
もちろん本物を見分ける鑑定士もいるほどです。
プラクルアンにはいくつか扱うルールがあります。
・雑多な扱いはしないこと。
・腰より下に置かないこと。
・身につけずに保管するとき(寝る時など)は、目線より高い位置に置くこと。
・付ける時と外す時には、裏表両面に礼をすること。
・付けたままの飲酒・排便・性交渉など俗なことは避けること。(服の中に隠せばOK)
などです。

しかしながら、プラクルアンはタイの文化でもあり、
ラッキーアイテムでもあります。
ファッション的にもペンダントのように可愛く身につけることもできますので、
わたしも一つ持っていますよ。

This entry was posted in タイ体験記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.