ザ・ペニンシュラ バンコク

ペニンシュラホテルは本社を香港に置く、世界的にも有名は文句なし5つ星ホテルです。

香港、中国(北京、上海)、アメリカ(ニューヨーク、シカゴ、ビバリーヒルズ)、フィリピン(マニラ)、タイ(バンコク)そして東京というアジアを中心としたチェーンホテルで、どちらかといえば、リゾートホテルというより、シティホテルといった特色の一流ホテルですよね☆

さらに2013年、フランスのパリでも開業し、この規模と評判はどんどん拡大を続けています。

創業は1866年に香港でと歴史も深く、創業当時からファンも多いホテルだとか。

タイのペニンシュラホテルは1973年にマニラと共にOPEN。
東京はその後の2007年。
そして、上海万博での来客を見込んで2009年に上海へ進出。

タイのバンコクにあるペニンシュラホテルは、中心街から少し離れたチャオプラヤー川に臨む地域にあります。
まさに、大都会バンコクにいながらも街中の雑多な喧騒から離れて、落ち着いたホテルライフを満喫するにはぴったりの環境。

川のちょうど向い岸には、同じく一流ホテルのマンダリンオリエンタルバンコクホテルがあって、幻想的な宿泊生活ができそうですよね(*・∀・)

一番近い駅はBTS(スカイトレイン)のサパーンタクシン駅か、クルントンブリ駅ですが、駅まではタクシーかトゥクトゥクを使った方がよさそうです。

それよりも、せっかく川沿いにいるのならば、勇気をだして(?)チャップラヤー・エクスポートと呼ばれるボート船に乗っての移動も挑戦してみるのもいいかもしれませんね。
バンコクは「水の都」という意味もある街。
渋滞の激しい市街地を避けて、ボートで移動するのはバンコク市民には当たり前のことです。

チャオプラヤー川沿いには、たくさんの歴史的寺院や、王宮などの観光名所もたくさんありますよ。

そうそう。
中国や日本のペニンシュラホテルに宿泊しようとすると、1泊おおよそ4~5万円するという話をききます。
一般人の私には到底気安く宿泊できるようなホテルではありません(-_-;)
たとえバカンスとして・・・ちょっと連泊はできないですよね(笑)

タイのペニンシュラホテルも実は高級ではあるのですが、時と場合によってはお値打ちに宿泊できることもあります。
それは観光地ならではなのかもしれませんね。
先程ネットのホテル予約サイトでチェックしたら、1泊18000円~ありました^^

常夏の国タイで、是非優雅な気分を味わってくださいね。
私もハネムーンとかでいきたいな(笑)

This entry was posted in バンコクのホテル. Bookmark the permalink.

Comments are closed.