サイアム周辺のホテル

BTSサイアム駅周辺はタイバンコクでも中心地といえる繁華街です。
日本で言えば・・・原宿とか渋谷とかその辺りのイメージでしょうか?
休日ともなれば、若者を中心に買い物客ににぎわいます。

サイアムスクエアというショッピングエリアを筆頭に、
サイアムパラゴン(高級ブランドが多数入る、映画館も完備したデパート)、サイアムセンター、
サイアムディスカバリー、マーブンクローンセンターと大型のショッピングモールが集合しています。
配置としてはBTSサイアム駅を挟んで、北側にデパート群、南側に路面店の建ち並ぶ
サイアムスクエアというかたちです。

さらに、駅で言えば、このSIAM駅(サイアム:現地の発音ではサヤームの方が近いです☆)は
シーロム線とスクムビット線の乗換駅ともなっていますので、バンコクナンバーワンの利用客が多い駅
といっても過言ではないんじゃないでしょうか。

ちなみに隣の駅であるNational Stadium駅(ナショナルスタジアムと読みますが、
普通はタイ語で「国立競技場」という意味のサナームキラー・ヘンチャートとタイ人は呼んでいます)
との駅の距離が程近く、2つの駅の間にデパートやサイアムスクエアがありますので
買い物のしやすい立地となっています。

もちろんバスの停留所もあり、そこからは市内の至る所に行ける路線が出ていますので
ロケーションは抜群といった地域です。

サイアム周辺のホテルといえば、かくピンからキリまで様々です。
まず有名なところといえば、安宿の方が有名なので、そちらからご紹介しますね。

こんな繁華街なのに、安宿が有名というのはちょっと違和感がありますが、
サイアム周辺がこんなに繁華街となって発展する前から、ずっとある安宿エリアがあるのです。
それが今でもそのままあるといった感じです(*´ω`*)

ナショナルスタジアム駅徒歩1分圏内には、「ソイカセムソン」と呼ばれる安宿密集地区ふがあります。
おおよそ500バーツ(約1400円)くらいから泊まれるゲストハウスというか安いホテルが立ち並ぶ通りです。
ネットから予約出来るところは、この中でもまぁまぁのところが多いようで、
基本的には現地にいって部屋が空いていれば泊まるといったスタイルみたいですよ。

さらに、安宿ではなく4つ星や5つ星のホテルだってあります。
最近建った「ケピンスキーホテル」はバンコク唯一の6つ星の超高級ホテル。
しかし、そこはタイ。
このレベルのホテルだって1泊3万円くらいで泊まれちゃうんです☆

高級ホテルに泊まって、すぐ徒歩でショッピング・・・こんな旅行もいいですね!

This entry was posted in バンコクのホテル. Bookmark the permalink.

Comments are closed.