カオサン

タイのバンコク、カオサンといえば、世界中のバックパッカーが集まる有名な街です。

カオサンストリートという通りを中心に、パブやディスコ、様々なお店や旅行会社なんかが並んでいます。
もちろん宿泊できる宿もたくさんあります。

このカオサンは最初に書いたとおり「パックパッカーの聖地」とも呼ばれていることで有名です。

タイのバンコクは様々な地区からのアジア全域方面に出発する、いわゆる「バブ都市」です。
そのため多くの国から旅行者が集まります。
特に大きなリュック1つで世界を旅する「バックパッカー」にとっては、このカオサンが重要な役割を果たしています。

安宿で泊まったり、次に行く土地への交通手段等を手配できるのもカオサンの特徴です。

カオサンの旅行会社では、近隣諸国へのバスチケットなんかも購入できます。
もし、気軽な旅行を楽しみたい方はここへ行くといいでしょう。
しかも、最近のカオサンストリートはかなりお洒落な雰囲気にもなってきています。

基本的にこれまではタイ現地の人はあまり来るような街ではなく、外国人が多い街だったのですが、最近ではタイのハイソな若者もその異国情緒あふれる雰囲気を楽しみに夜な夜な遊びにきていたりもします。

確かにカオサンストリートは、他の地域よりも深い夜までにぎわっていますので、他で飲み終わったあとにカオサンへ立ち寄るなんてルートもいいのかもしれません。

ただ、やはり気をつけなければいけないこともあります。

外国からのバックパッカーが多いということで、治安はあまり良いとも言えません。
外国人同士・酔っ払いのぶつかり合いでの喧嘩も良く見かけます。
時には警察が出動したり、道路に血が飛び散っているなんてこともありました。

また、安宿も多いのですが、値段が安い分、安全性に欠けているという意味なので、利用する際には覚悟が必要です。

例えば、1人部屋でも鍵がなかったり(この場合には自分で南京錠を持って行って、内側から施錠する必要があります)、宿の関係者が泥棒だったりするという噂もきくので貴重品は肌身離さず持ち歩く必要もあります。

また、5~6人のシェアルームの場合は、なんと充電器やひげそりなんかを転売目的で盗まれたなんて話も聞きますので油断なりません(;^ω^)

また、衛生上もあまりよろしくない宿もありますので、気をつけましょう。

このようなことを了承して、むしろそれを楽しみにしてカオサンを味わえば、とっても開放的で色んな体験ができる楽しい街になりますよ。

 

This entry was posted in バンコクの街. Bookmark the permalink.

Comments are closed.